都市横浜の記憶
本文へ移動
解説     ヘルプ

資料検索結果詳細

大横浜
拡大画像を見る

画像参照 本体PDF画像     
書名等 大横浜
巻次 第31巻1号~12号
著者名1 実業之横浜社
出版年月 193412
出版者 実業之横浜社
1冊
大きさ 22cm
時代区分 震災復興期:1923-1940
書誌番号 3-0190488884
請求記号 -
資料種別
所蔵先 中央図書館
蔵書参照 蔵書参照
目次 大横浜 第31巻1号-12号
  第1号
    新年所感(巻頭言)    笠山生  1
    昭和9年に何を期待し希望するか?    23氏解答  2
    横浜港の真価を認識せよ    秋本悟郎  9
    農産物共同販売施設案の愚    横浜青果株式会社専務取締役 西屋道夫  12
    電気と人生(8)    港電気商会 阿部源司  15
    市議改選酣なり      20
    市議改選に直面しての検討    港北隠士  21
    市の社会課に要望す    市内某方面委員  24
    横浜社交倶楽部巡礼記    XYZ  26
    松屋と野沢屋(対照小観3)    如是我聞  29
    貿易統計・倉庫貨物統計      30
    江戸川柳男女一代記(其の10)    唐野愁雨  32
    臨海荘夜話(第3話)    志村慎一郎翁  36
    奉賀皇太子御誕生    石径 得田易  37
    秘密出版考(下)    吉田史郎  38
    男の見た女の怪奇(1)    江田甫  40
    新映画紹介      41
    街の灯・渡鳥木曽土産・沓掛時次郎・メキシコの嵐
    筆を擱く前    馬笑庵  48
  第2号
    満州国の帝政(巻頭言)    茫洋生  1
    ファッショ政治を排撃せよ    石渡茫洋  2
    政党解消と立憲政治    鈴木勝麿  5
    米国の平価切下げの解説と影響    本誌記者  8
    老舗の本質    横浜青果株式会社専務取締役 西屋道夫  17
    産業組合果して是か?    関戸慶夫  20
    米の洪水と収容倉庫難    本誌記者  24
    横浜市会新議員評    九十九湾外史  28
    森永牛乳と明治牛乳(対照小観4)    如是我聞  32
    三好祝二氏博士号を授与さる      33
    電気と人生(9)    港電気商会 阿部源司  34
    新年の漢詩と俳句    藤本麟角・得田石径・細井柳汀  37
    創作 朝の客    北村舞人  38
    臨海荘夜話(最終話)    志村慎一郎述  40
    古事付むすこ    江戸小咄より  42
    江戸川柳男女一代記(其の11)    唐野愁雨  43
    男の見た女の怪奇(2)    江田甫  47
    春のお化粧法に就て    横浜美容院 大井咲子  49
    2月の園芸      49
    変革期の国民    新見航  51
    横浜市会議員当選者一覧      54
    筆を擱く前    馬笑庵  56
  第3号
    在職少、青年の擁護(巻頭言)    笠山生  1
    横浜振興策は対外的であれ    石渡茫洋  2
    蚕糸業根本的対策を確立せよ    関戸慶夫  5
    輸出農産品の概況    根本悟郎  9
    複位の銀の政治的意義と支那への影響    斯波哲夫  14
    ブロツクに悩む我貿易    一記者  20
    日英貿易戦    小林専造  23
    斎藤内閣功罪論    鈴木勝麿  28
    時事寸評    白眼居士  30
    電気と人生(10)    港電気商会 阿部源司  33
    江戸川柳男女一代記(其の12)    唐野愁雨  37
    生きてはゐるけれども    吉田史朗  41
    男の見た女の怪奇(2)    江田甫  47
    煙草を解剖する    医学博士 渡辺房吉  52
    江戸小咄集      54
    筆を擱く前    馬笑庵  56
  第4号
    インフレに躍る横浜(巻頭言)    笠山生  1
    日米諧調と横浜精神
    インフレーション
    為替安と横浜貿易
    笛ふけど踊らぬ横浜の倉庫界      21
    工業界の基礎を固めた軍需インフレと為替安      24
    低金利時代とその見透し      30
    恐日病は深まる    外紙より  5
    時事偶感 漢詩)    麟角外史  29
    興信事業の真使命    帝国興信所支所長 日本魂社支社長 村上浅吉  39
    家内工業の重要性    関戸慶夫  41
    西洋文化の没落と東洋の新興文化    オスワルト・シュベングラー  34
    驚異すべき横浜火災海上保険の躍進      37
    横浜市会議員解剖    白眼子  38
    天池庵を蔽ふ妖雲    本誌記者  45
    戯曲 生きてはゐるけれども    吉田史朗  48
    男のみた女の怪奇(4)復旧に燃えた女の一念    江田甫  53
    筆を擱く前    馬笑庵  56
  第5号
    日蘭会商と我が使命(巻頭言)    悟郎生  1
    斎藤内閣よ何処へ    鈴木勝麿  2
    世界経済を打診する    斯波哲夫  4
    生活費の内面的検討    横川十郎  11
    現代思想と親鸞の哲学    鷲尾順敬  14
    文明の進歩と犯罪    文学博士 田中義能  20
    石渡社長に呈するの書    久保山円覚寺副住職 中西大玄  22
    恋をとりもつ地蔵尊    よしだ  25
    電気と人生(11)    港電気商会 阿部源司  26
  第6号
    普遍的購買力を与へよ(巻頭言)    茫洋生  1
    受難時代の我外国貿易(承前)    横浜貿易協会主事 斎藤真  2
    我が産業の発展と非常時    小島経済研究所長 小島精一  8
    県内産業組合の発達と反々産運動    久保田達雄  15
    国粋日本主義のいろいろ    新見航  20
    電気と人生(12)    港電気商会 阿部源司  24
    衛生問答欄    石井外8博士解答  28
    債券予約売りの話      34
    煙草の消費からみた景気    愛煙生  36
    夏座敷の調度いろいろ      38
  第7号
    我経済の転換期(巻頭言)    悟郎生  1
    文化的自主権を強調せよ    石渡茫洋  2
    政局不安と去勢政党    鈴木勝麿  5
    ドイツのモラトリアム    一記者  8
    新市場中南米事情      11
    工業街行脚記(3)      16
    本邦最古の歴史を誇る日本カーボン・ドイツ式製造技術の富士電機
    コンクリートの話(上)    浅野コンクリート学校 金子稔  22
    囈語哲理    公立商業学校教諭文学士 本池一  25
    ポン引順吉の死(3)    吉田史朗  30
    メートル専用を排撃す    特命全権公使法学博士 杉村陽太郎  38
    舗装道路が人体に及ぼす影響      40
    衛生問答    斎藤健吉博士解答  42
    夏のおつくり    横浜美容院 大井咲子  43
    近郊の海水浴場案内      44
    舞踏場めぐり(金港舞踏場の巻)      45
    メートル強制反対の標語募集      21
    凌宵花      35
    神奈川病院増築落成      38
    横浜理髪実地講習所      39
    中元売出しの野沢屋      41
    浴衣と海水用品の寿百貨店      45
    貿易協会夏季大学      47
    夏の神奈川県風光写真募集      47
    瓦斯局の料理講習会      47
    筆を擱く前    馬笑庵  48
  第8号
    岡田内閣に望む(巻頭言)    茫洋生  1
    非常時市政に対する我党の態度    民政党代議士 三宅盤  2
    荒れる欧米大陸
    血で血を洗ふナチスの内訌      6
    受難の復興法      8
    運命の玩具墺国      9
    バルチツク3国を挟む独露      12
    妥協市政の批判    港北隠士  13
    囈語哲理(承前)    公立某商業学校教諭文学士 本池一  18
    コンクリートの話(下)    浅野コンクリート専修学校 金子稔  22
    横浜取引所の株式短期取引開始      25
    工業街行脚記(4)・京浜工業街の大動派鶴見臨港鉄道      26
    メートル法強制は国民の不便混乱を招く    貴族院議員 岡部長景  28
    メートル法と対外貿易    海軍大佐子爵 波多野二郎  30
    農産物需給状況      28
    世界的軍需工業時代      32
    家庭欄
    衛生問答欄    片平外6博士解答  33
    白いものをさつぱりさせるアイロンの掛け方      36
    足袋の洗ひ方      37
    日焦けあとの肌のお手入    横浜美容院 大井咲子  38
    創作 2度目の秋    代田 一  39
    野趣と涼味の観葉植物      48
    舞踏場めぐり(其2)メトロポリタンの巻      48
    信濃路の秋色木曽節踊り      50
    江戸川柳続男女一代記(1)    唐野愁雨  52
    墺国の復辟運動      9
    密夫      12
    江戸小咄2つ      49
    筆を擱く前    馬笑庵  55
  第9号
    農民は牛馬に等しき?(巻頭言)    茫洋生  1
    協調市政の真精神    横浜市会副議長 奥村三樹之助  2
    本年一杯の景気はどう動く      6
    新市場の開拓と貿易の変調    根本悟郎  10
    綿花消費統計・印度向輸出綿布統計      13
    東洋平和の維持と我国の軍備    青木厳  14
    横浜市政批判3題      18
    省線乗入策は愚策なり    大×生
    市民を瞞着する瓦斯局移転説    R・K生
    市立劇場は非なり    山中生
    横浜の感想    心配老人  23
    相場哲学の話    熊本生  25
    メートル法強制の非を認識せよ    枢密顧問官法学博士 清水澄  29
    工業街行脚記(5)電線界の横綱・古河電気工業株式会社工場      31
    家庭欄
    今秋の流行色と模様      35
    秋の婦人服      36
    街の飾窓にみる秋の服飾品      37
    体臭の話    医学博士 渡辺房吉  39
    秋播きの花      41
    随筆街の1角    菅沼宗四郎  43
    新映画紹介      44
    女の心・花嫁日記・勝閧・鳴平旅ごろも・はつ姿・生きとして生けるもの
    秋の和歌と句      48
    秋覚    南部松若丸
    秋光    細井柳汀
    初秋の海    菅沼宗四郎
    江戸川柳続男女一代記(2)    唐野愁雨  50
    曝露小説 舞踏場真理の春    生方啓次郎  53
    パナマ開通20年記念祭      15
    菱の実が金になる      30
    パレスタイン新関税内容      30
    小麦粉の対満輸出      34
    上半期の生保界      34
    寄席の隠語      41
    笑話      46
    筆を擱く前    馬笑庵  56
  第10号
    時事4題(巻頭言)    茫洋生  1
    世界的工業地帯の実現へ      2
    4ケ町村合併問題と其後の横浜      5
    横浜復興博覧会の全貌      10
    観光客誘致対策進む      16-23
    湘南舗道と招致策      16
    県営水道工事概要      20
    我産業の発展と輸入貿易      24
    工業街行脚記(6)横浜ゴムのグツドリツチタイヤ      27
    近畿風水害は何を救へたか      30
    近畿風水害と倉庫界      32
    風水害とその法律解決    法学博士 末川博  34
    妥協市会と疑獄    横浜市議 鈴木長之  37
    株式講座(1)      42
    餅田喜之助翁紺綬褒章を下賜さる      44
    江戸川柳続男女一代記(3)    唐野愁雨  46
    曝露小説 舞踏場真理の春(2)    生方啓次郎  49
    雑録
    横浜風景写真懸賞募集      30
    新築5周年の松屋      44
    紹介欄      45
    雑集      53
    筆を擱く前      ●
  第11号
    矛盾を悲しむ(巻頭言)    茫洋生  1
    横浜疑獄を中心に    石渡茫洋  2
    通商自由主義の擁護      5
    増税論の検討      8
    対満貿易と横浜の使命    神奈川県東亜輸出組合主事 若菜潔  10
    金沢町勢一班      14
    工業街行脚記(7)造船界の覇王・横浜船渠      19
    利鞘縮小と低金利      23
    株式講座(其の2)      24
    事業拡大の帝国機械工業会社      26
    中央卸売市場魚売場制度改善      28
    貯木新会社実現行悩み 満州貿易への機運      29
    メートル法と国民生活    帝大名誉教授工学博士 伊藤忠太  30
    国語より見たるメートル法    文学博士 中山久四郎  31
    新映画紹介      33
    牡蠣の栄養価 海藻の栄養学      36
  第12号
    昭和9年を送る(巻頭言)    笠山生  1
    対満貿易と横浜の使命(承前)    神奈川県東亜輸出組合主事 若菜潔  2
    34年貿易状勢の回顧      6
    時事寸評    白眼子  12
    日吉村々勢概要      16
    滞貨生糸の南米エジプト輸出計画      19
    新倉庫業法草案・その野次的批判      20
    工業街行脚記(8)アメリカ式技術の代表芝浦製作所      24
    綿布輸出統計・人絹第3期生産統計      27
    株式講座(其の3)      28
    メートル法の矛盾を認識せよ    貴族院議員子爵 岡部長景  30
    ドン底の宗教    真継雲山  32
    毛布の見分け方・歳暮贈答品調べ      36
    衛生問答欄    斎藤外2博士解答  38
    スキーファンの化粧心得    マヤ美容室 マヤ片岡  40
    荒れやすい冬の手の化粧法    横浜美容院 大井咲子  41
    Xマスケーキの作り方      42
    風変りな鯨肉料理      44
    江戸川柳続男女一代記(5)    唐野愁雨  45
    腕と語る-金港ホールの荻野瑛氏とバーテンダー三浦善作氏      48
    曝露小説舞踏場真理の春(3)    生方啓次郎  52
    雑録
    贈答用に大木のハム      5
    松屋掉尾の催し物      11
    野沢屋の歳暮売出し      22
    口三味線      34
    俳句(細井柳汀)      35
    短歌(達麿、波留夫)      37
    鍼灸の科学的立証      39
    美爪料ラ・ルーナー      41
    筆を擱く前    馬笑庵  56