都市横浜の記憶
本文へ移動
解説     ヘルプ

資料検索結果詳細

大横浜
拡大画像を見る

画像参照 本体PDF画像     
書名等 大横浜
巻次 第32巻1号~12号
著者名1 実業之横浜社
出版年月 193512
出版者 実業之横浜社
1冊
大きさ 22cm
時代区分 震災復興期:1923-1940
書誌番号 3-0190488916
請求記号 -
資料種別
所蔵先 中央図書館
蔵書参照 蔵書参照
目次 大横浜 第32巻1号-12号
  第1号
    昭和10年を迎ふ(巻頭言)    笠山生  1
    県財政の充実と産業の発展    神奈川県知事 横山助成  2
    復興より飛躍へ市民の協力を期待す    横浜市長 大西一郎  3
    昨年度の外国貿易を顧みて本年の貿易を思ふ    横浜貿易協会々頭 上甲信弘  4
    多難なるべき35年の年初に臨みて    横浜高等商業学校長 田尻常雄  6
    昭和10年度の海運界    日本郵船横浜支店長 金鞍一栄  8
    蚕糸業の更生策    横浜取引所理事長 福田英助  10
    政党政治の復活を期待す    政友会神奈川県支部長 磯野庸幸  13
    無定見な絹織物悲観論を排撃す    横浜輸出織物同業組合組長 亀井信次郎  14
    輸出綿織物の躍進と国民的信念に就て    深野一道  16
    ?頭せる吾が輸出絹莫大小    横浜莫大小同業組合書記長 結城琢治  17
    小売商保護法を読みて    横浜実業組合連合会主事 石山伊三郎  19
    政界放言録    匿名実業家T・K  22
    新年詠草      25
      池辺鶴(和歌) 細井藤兵衛
      柑子の春(短歌) 菅沼宗四郎
      初春(俳句) 細井柳汀
      恭賦勅題池辺鶴外一首(漢詩) 大森寒蝉
      恭賦勅題(漢詩) 得田石径
       池辺鶴外一首(漢詩) 広瀬六華
    戯曲凶作に抗して    石渡保  34
    江戸川柳続男女一代記(6)    唐野愁雨  43
    腕を語る(3)      46
    筆を擱く前    馬笑庵  48
  第2号
    復興博記念特集号発刊予告      1
    生糸販売統制組合案の解剖      2
    産組偏重の米穀自治管理案      7
    10年度の貿易対策    根本悟郎  10
    業績累進の浅野造船所製鉄部(工業街行脚記9)      14
    メートル法の欠陷    学士院会員理学博士 平山清次  17
    永野村の片貌      19
    株式講座(其の4)      22
    臨港倉庫脱退問題      38
    街の行進譜-工業地帯の石油移入量増加・支那料理の株式新店出現・帝蚕絹服地工場完成 日本鋼管溶鉱炉起工・辰巳倉庫の精米、製粉へ進出・山手健康地区協会生る      23
    天気俚諺の話      25
    むつかしい鼻の化粧法    横浜美容院 大井咲子  27
    江戸川柳続男女一代記(7)    唐野愁雨  28
    腕と語る(4)      33
    好評嘖々たる中田療院      37
    雑録
      ザールの独逸復帰    6
      江戸笑話    25、26
      忙中閑話    26
      髪の寿命    27
      松屋の雛人形    32
      短歌    3●
  第3号
    表紙    松野幹夫氏画
    口絵・写真  1. 復興博役員
      2. 復興博役員
      3. 会場を彩ろ浜をどりとアメリカンロデイオ
      4. 会場を彩ろ浜をどりとアメリカンロデイオ
      5. 橋本刺繍所
      6. 横浜中央卸売市場
      7. 横浜デパートの雄野沢屋と松屋
      8. 横浜西洋家具組合
      9. 横浜子安生麦臨港工業地帯
      10. 博覧会場と桃太郎物語
    復興博記念増大号のまへに      1
    復興記念横浜大博覧会案内記      2…32
      近代科学館-シヤム館-復興館-保健館-開港歴史館-本館4号-海軍館-ウオターシユート-本館2号-本館3号-水族館-陸軍国防館-外国余興場-蚕糸館-東日コドモの国-海洋発展館-本館5号-交通観光館-演芸館-奈良館-神奈川館-北海道館-名古屋館-満鉄館-台湾館-阿里山館-海女館-迎賓館-民間特設館
    浜をどり・歌詞復興博の唄(唱歌と小唄)      22
    交通機関案内      33
    旅館はかうしてお択びを      35
    復興博目魁けて      35
    横浜近郊名所めぐり      36
    箱根観光博覧会      39
    博覧会気分濃厚な松屋      40
    復興博宣伝映画「旧恋」(菊地寛原作)梗概      41
    破れた手風琴(1)    吉田史朗  46
    江戸川柳続男女一代記(8)    唐野愁雨  50
    刃物刀剣の秘法を訊く      54
    岡本式完全燃焼器      57
      スポーツの春    32
      佐藤校長の好著    44
      笑話    53
      末恐ろし    56
      街の行進譜    58
      批判号につき    59
    筆を擱く前    馬笑庵  60
  第4号
    宗教と現代社会(巻頭言)    茫洋生  1
    復興博各館一巡り      2…23
      近代科学館-シヤム館-復興館-保健館-奈良館-開港歴史館-神奈川館-正門-1号本館-北海道材木標本館-北海道館-名古屋館-本館4号-海軍館-満州館-迎賓館-朝鮮館-生鯨館-2号本館-3号本館-台湾館-紅檜荘-水族館-陸軍館-海女館-外国余興場-ブラジル館-東日コドモの国-蚕糸館-海洋発展館-交通観光館-本館5号
    浜をどり批評(演芸館)関外見番・日本橋見番・神奈川見番      24
    博覧会ゴシツプ      28
    江戸川柳続男女一代記(9)    唐野愁雨  29
    天神阪碑    大森寒蝉  32
    破れた手風琴(2)    吉田史朗  33
    横浜のダンスホールと外人招致策    オリエンタル・ボール・ルーム支配人 標一朗  36
    朝顔の作り方      38
    五月人形と松屋      40
    街の行進譜      41
    仏伊の建艦競争(時事解説)      42
    ベルギーの金本位離脱      44
    横浜市の発展と瓦斯事業    横浜市瓦斯局長 賀田立二  46
    利害相剋の集団的対立    本誌記者  50
    筆を擱く前    馬笑庵  56
      お琴と佐助    35
      遺伝に関する新説    37
      日本金庫協会大会    47
  第5号
    復興博の成功(巻頭言)    笠山  1
    我が貿易政策の転回(社説)      2
    横浜における輸出組合の現状    本誌記者  5
    日本倉庫協会総会      9
    東洋に誇るべき臨港工業地帯      10
    国別輸出入額均衡調    横浜税関調査  12
    写真術第一歩    M写真技師  24
      米一俵4円也
      初夏の野沢屋
    貞操料を値上せよ    弁護士 片山通夫  29
    国産ヘリコプター      22
    初生雛の雌雄鑑別法      23
    猩紅熱がはやる      24
    この夏流行の新衣裳      25
    横浜的英雄と横浜精神    新見航  26
    社会不安と経済的国家主義    関戸慶夫  30
    時事寸評    白眼居士  32
      日本主義とは?
      博覧会に学ぶもの
      横浜の文化更生?
      舞踏場の保護
    学なくも信あれ    真継雲山  35
      街の行進譜    35
      帝国発明協会地方表彰式    37
    模倣追随の風を去れ    岡部長景  38
    破れた手風琴(8)    吉田史朗  40
    人造麝香の話。石鹸の見分け方      46
    青葉の色は眼に薬。ビール漫談      48
    青葉頃のお化粧    横浜美容院 大井咲子  48
    はつ夏の飲みもの      49
    江戸川柳続男女一代記(終篇)    唐野愁雨  51
    牛乳の選び方飲ませ方      55
    筆を擱く前    馬笑庵  56
  第6号
    経済復興は実質的たれ(巻頭言)    笠山  1
    経済統制根本の目標を検討せよ(社説)      2
    市場移動と横浜港の苦悩    本誌記者  4
    横浜に於ける輸出組合の現状(承前)    本誌記者  11
    時事寸評(3題)    白眼居士  17
      英国人絹織物輸出減    10
      生糸在荷減少    10
      街の行進譜    17
      賃銀労働所得漸減    20
      会社メモ    26
    憂ふべき思想的変革    武蔵野高等学校教頭 山本良吉  22
    NRAの崩壊      24
    ハイキングの服装と携帯品その値段      27
    夏のお化粧    横浜美容院 大井咲子  28
      香水の知識    29
      夏の男子服飾品    30
      夏の単帯    31
      今夏流行浴衣    32
      銀製食器の磨き方    33
      夏の室内家具    34
    小説 破れた手風琴(終篇)    吉田史朗  37
    新映画紙上封切 丹下左膳・地雷火組・お琴と佐助・舞姫の暦      45
    詩-軌み・続軌み    信岡二郎  51
      浅水十明氏の銅像建設さる    53
      梅酒の作り方    54
      三宅磐氏逝く    55
    筆を擱く前    馬笑庵  56
  第7号
    市当局と貿易(巻頭言)    悟郎生  1
    青木新市長を迎ふる辞(社説)      2
    労働条件の悪化とその後に来るもの      5
    日満貿易の展開      8
    小売商の自己崩壊    川島純三  11
    横浜に於ける輸出組合の現状(3)    本誌記者  14
    上半期貿易事情      21
    総合的国防策      23
      会社メモ    19
      土地協会神奈川支部設立    22
      街の行進譜    23
      さつき雑詠(俳句)    31
    惟神道の認識と国運の発展    文学博士 田中義能  25
    横浜ダンス界の浄化とその特異性の発揮    メトロポリタン舞踏場主 久保田正雄  29
    熱帯魚の飼ひ方      32
    冷房装置の話      33
  第8号
    新市長への希望(巻頭言)    茫洋生  1
    溺愛溺憎を慎しめ(社説)      2
    我国工業をいづれへ導くべきか    工学博士 荘司市太郎  5
    赤字財政の行方      11
    本邦貿易の新市場アフガン国事情      16
      横浜上半期絹人絹輸出統計    15
      本邦人絹輸出上半期成績    15
      会社メモ    19
      街の行進譜    20
    惟神道の認識と国運の発展(下)    文学博士 田中義能  22
    雇用心理より見たる職業の分析    若林米吉  25
    川柳と夏の風物詩    唐野愁雨  29
    翻訳諭    ソログウブ  32
    創作 町の燈明    椎津波留夫  37
    短詩 車中から    池田要  43
    銷夏読物 首のない胴が走る    粹光斎 菊一彌吉  44
    昆虫世界愛慾色模様      47
    国粋芸術・花火の話      47
    手・足の美の訓練      51
    目さきをかへたトマトの食べ方    小野美智子  52
      日焼け止めクリームの作り方    51
      夏の淡味 麩料理    53
    筆を擱く前    馬笑庵  56
  第9号
    神奈川県神職会へ進言(巻頭言)    茫洋生  1
    市民は批判精神を発動せよ(社説)      2
    中小企業の重要性    経済学博士 谷口吉彦  4
    雇用心理より見たる職業の分析    若林米吉  9
    朝鮮資源を探る    本社調査  15
    仏蘭西のインフレーション時代      22
      横浜船渠合併さる    19
      小咄    21
      会社メモ    27
      街の行進譜    27
      世界人絹上半期生産高    28
      世界貿易好転す    30
      市発展の為の苦言  自治の民生  31
      中区偏重主義批判  神奈川住人  32
      横浜人の損気  N・K生  33
    科学講座 夢が真になつた話    渡辺白鷹  34
    老年の医学付り重役の医学    医学博士 渡辺民夫  38
    刑場で心中した死刑囚    粋光斎 菊一彌吉  40
    競馬をめぐる犯罪      42
    趣味の園芸      47
    今秋流行の模様と基調色    松屋・野沢屋調べ  50
    秋口の化粧法    横浜美容院 大井咲子  52
      パーマネントの知識    52
      レースカーテンの保存法    53
    断章2篇    富山房  54
    筆を擱く前    馬笑庵  56
  第10号
    横浜楽観説と悲観論(巻頭言)    茫洋生  1
    工場は担税の対象物のみなりや?    社説  2
    工都としての市民の覚醒    横浜高等工業学校々長 富山保  3
    学者と実際家の接近    横浜商業専門学校々長 前田幸太郎  4
    横浜振興対策私見3条    匿名実業家 港東隠士  6
    横浜港内国貿易の研究と其対策    根本悟郎  11
    横浜港貿易振興策    横浜貿易協会常任理事 斎藤真  18
    横浜の発展と住宅地    横浜土地協会専務理事 吉川菊蔵  20
    横浜輸出貿易振興策    横浜商工会議所計画案  24
    仏蘭西のインフレーション時代      27
    横浜開港当時の貿易商と横浜文化の功労者    港西逸士  32
    街の行進譜      37
    南●蠻渡来奇聞      42
    諧調を狙ふ秋の化粧法    マヤ美容室 マヤ片岡  43
    創作なぞ(謎)    吉田史朗  46
    次号予告      31
    鍼灸経路経穴大講演会      31
    口三味線(ゴシツプ)      33
    フレームの作り方      44
    薬用植物二三      45
    筆を擱く前      52
  第11号
    国体明徴の具体化(巻頭言)    茫洋生  1
    郷土史研究と郷土愛    社説  2
    伊エ紛争の展望
    伊エ紛争の経済的根拠      4
    対伊経済封鎖可能性の限度      7
    時事寸評    白眼居士  13
    将来性に富むブラジル市場      16
    独逸の輸出補償制度      18
    低金利平準化・本年度産金額      20
    仏蘭西のインフレーション時代(下)      22
    伺び行く横浜市水道    横浜市水道局長 藤田弘直  29
    根本仏教の真諦    文学博士 宇井伯寿  33
    メートル法批判    日本勧業銀行総裁 馬場〓一  38
    川柳日本史(其の1)    天ノ醜男  40
    最近のレコード界      44
    南蛮渡来異聞      44
    趣味の草木染      48
    電気スタンドの種類と照明      50
    一人の女    福沢文華  51
    筆を擱く前    馬笑庵  56
    米国の平和投票      12
    5人組制度の復活      15
    ロマンスの初島解消      21
    会社メモ      22
    街の行進譜      25
    方言くらべ      32
    毛糸物の洗濯法      49
    神奈川県盲福祉協会総会      55
  第12号
    横浜港と市当局(巻頭言)    茫洋生  1
    昭和10年を送る    社説  2
    北支自治運動の検討      4
    銀行預金利子引下げ問題の今後      11
    街の行進譜      15
    市村合併問題の再検討    日吉村村長 秋本重作  17
    六浦荘村埋立問題      23
    金沢町の独自水道計画      23
    日限地蔵尊の所有争ひ      24
    本年度の貿易      25
    根本仏教の真諦(第2講)    文学博士 宇井伯寿  28
    歳暮贈答学      34
    詩と短歌    勝田祐司・三田敬唯  37
    ろしい丹毒の話恐    医学博士 渡辺房吉  38
    洋酒カクテルの治病的使用法      40
    餅の合理的な食べ方・鍋食器の手入法      52
    冬の室内園芸      45
    古川柳と大晦日    唐野愁雨  47
    創作気兼ね    北見徹  50
    筆を擱く前    馬笑庵  56
    寿の歳暮売出し      32
    歳末ホール催物      33
    寄贈図書      39
    恋愛問答      41
    真冬の美顔法      42
    靴下の選び方洗ひ方      43
    野沢屋の12月      55