都市横浜の記憶
解説     ヘルプ

時代区分から探す


西暦 和暦 時代 説明 資料画像
1854~1867 安政6~慶応3 開国開港期 ペリーの来日による日本開国、横浜開港を経て、江戸幕府の崩壊まで。 資料画像の
一覧を見る
1868~1888 明治元~明治21 文明開化期 外国文化接触の窓口として、明治の文明開化を象徴する町、ヨコハマ。 資料画像の
一覧を見る
1889~1899 明治22~明治32 都市整備期 横浜市の誕生から港湾整備の進捗とともに、外国人居留地の廃止まで。 資料画像の
一覧を見る
1900~1922 明治33~大正11 工業招致期 日露戦争後の港湾工業都市へ向けての発展期。開港五十年祭の開催も。 資料画像の
一覧を見る
1923~1940 大正12~昭和15 震災復興期 関東大震災勃発から復興記念の博覧会を経て第二次世界大戦参戦まで。 資料画像の
一覧を見る
1941~1964 昭和16~昭和39 戦災復興期 大空襲そして敗戦による接収などの苦難を乗り越え、国際港都実現へ。 資料画像の
一覧を見る
1965~1989 昭和40~平成元 都市発展期 六大事業をはじめ都市基盤の成長期。100周年には横浜博覧会開催。 資料画像の
一覧を見る
1990~現在 現在 現在 時代は激動の昭和から平成へ。オンリーワン都市実現を目指して進む。 資料画像の
一覧を見る